ニューヨークのタクシー事情から学ぶべき事は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。


猛暑が続き、真夏がやって来ました!お元気ですか?

ニューヨークに行ってきました!行って、良かったです。


自分の目でニューヨークのタクシーに乗って見て、使ってみて、
また、ウーバーやリフトといったライドシェア組が、世界のタクシーを代表するイエローキャブの対抗勢力となり

ライドシェアが世界のタクシー業界の脅威となり大きく変革させつつあるのかが

よーくわかり、その構図がすとーんと呑み込めた感じがします。

私が「ニューヨークのタクシーを見てきました!」と話した時に

身を乗り出すように「どう?どう!どうだった?!」と話を聞こうとする方と

「そうですか」と何も関心を示さない方に分かれます。

でも、今のタクシー業界の先頭に立ち、

また、これからのタクシーのあり方をリードする方は、前者です。

私は、タクシー業界の先頭に立つ立場ではありませんが

これからの日本のタクシーのトップドライバー達の一番の応援者でいたいのです。

だから、世界のタクシー業界のみならず、

国際基準で世界NO1の評価をいただいている東京や日本のタクシー業界さえも、

変えていこうとする影響力をもつライドシェアの真実や

世界経済の中心地であるニューヨークのタクシーのスマホ配車システムや

事前確定運賃のあり方、決済方法や車内広告など、

そしてイエローキャブの強烈なライバルとして社会に認知されたウーバーやリフト等

ライドシェア勢の実態を知るために、百聞は一見にしかずということで

自分の目で見て、深く丸ごと理解したかったのです。

だから、ニューヨークでタクシーに次々乗りました。乗ってみました。

いろんなところに、タクシーに乗るために行ってみました。

時にイエローキャブの予約配車だったり、流しだったり。

ライドシェアのウーバーにも、リフトにも乗ってみました。

全くの個人旅行で一人旅でしたが、通訳さんにずっとついてもらって

単に、客として乗ることもあれば、ドライバーの様子を見つつ、

話をしてくれるドライバーだったら、

「何年くらい、タクシーに乗ってるの?」

「どこの出身?(この人はバンクラディッシュの人でした)」

「配車の連絡は、どんな風に来るの?」

「事前確定料金は便利か?」「現金払いとカード払い、スマホ決定の割合は?」

ライドシェアのドライバーには「何でイエローキャブから移ったの?」

「ライドシェアは、いくつの会社と契約してるの?」などなど、

聞いてみたいこと、現場の生の声を、いっぱい聞くことができました。

そして、私は日本のタクシーが、大急ぎでやらなければならないこと、

方向転換しなければならないこと、取り入れなければならないこと、

あるいは、ニューヨークのタクシーをマネてはならないことなど

本当にたくさんのことを学び、理解し、感じて帰ってきました。

私はタクシーの仕事が大好きです。

だから、声を大にして言いたい!「イエローキャブをマネを絶対にするな!」

午前10時、ニューヨークケネディ空港のタクシー乗場に向いました。

タクシー乗場の係員に行先を告げ、

イエローキャブの車番を打ち込んだレシートを受け取り、NV200に乗り込んだ。

係員が行先と車番を入力した時から、

犯罪や事件で有名なニューヨークでタクシーに乗っても

スマホ配車システムの管理下にいるのだから、安心感はある。

さらに、空港定額制で70ドルと決まっているので、料金の心配もない。

NV200になったのはラッキーと思いきや、車内は汚い、臭い、音楽がうるさい。

まあ、車窓の風景を楽しもうと、大きな看板、店舗、工場が続き

そして、ラガーディア空港、ヤンキースタジアム、高層ビル群が近づき

またニューヨーク名物の橋をいくつも渡りつつ、困ったことに気付いた。

道路が悪すぎて、バウンドがキツイ。ガマンしつつ、やがて、ホテルに到着し

その支払いの機器に驚いた!

イエローキャブの後部座席には、ベリフォーンのクレジット決済機

さらに、タブレットが設置されており、電子決済も可能となっていたのには驚いた。

私の『ニューヨークタクシー事情から日本のタクシーを考える』は

今日からシリーズでお送りしたいと思いますが、

まず、今日どうしても関 隆さんにお伝えしたいのは

日本のタクシーはイエローキャブのようになってはいけない!ということ。

タクシーという乗り物の良い点、利便性をウーバーが持って行ってしまった。

でも、日本のタクシーはウーバー化してはいけないし、その必要もない。

ウーバーのシステム面を、日本のタクシー業界がとり込めばいいんだということ。

そうすることで、ウーバーのようなライドシェアより、

もっと公明正大に日本の高い基準の法律に守られ、

安全でサービスレベルの高い快適な乗り物として

タクシーの需要がもっともっと伸びるということ。

また、それができうるのは、世界中でも日本のタクシーしかあり得ないということ。

そのために、早急に日本のタクシーが取り組むべきスマホ配車システム、

事前料金確定システム、サービスシステム、接客マナーなど

ぜひ、関 隆さんに次回からお伝えしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*