デイデイの日本上陸が日経で報じられました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

穏やかに、秋晴れの週末ですが、お元気ですか?

10月30日の日経の朝刊には、「うわおっ!」と驚きの記事が出ましたね。

ななななんと、日経新聞の1面トップ記事に

世界最大手の中国・滴滴出行が、いよいよ日本上陸との報道がでました。

私もスマホ配車について、ウーバーやグラフやデイデイなど世界の配車アプリの中で

どこが、日本のタクシー業界で本格的な稼働をし

大きなシェアを握ることになるのは、どのシステムなのか?を注目してきました。

私は、ウーバーが日本のタクシー業界で、どう立ち動くのか?ということより

スマホ配車システムに対し、東京のタクシーだけなく

日本のタクシー業界全体の進むべき方向性を考えてきました。

世界のタクシー産業を検証した上で日本において、

タクシー配車システムをいかに活用すべきかを考えてきました。

米国のウーバー、リフト、中国のデイデイや、シンガポールのグラブにも注目をし、

このメルマガでも、テーマにさせていただいてきました。

そして、先日の日経新聞では、デイデイが第一交通産業と組み、

2018年春にも東京都内で配車アプリを使ったサービスを始めると報道しました。

まさに、ウーバーの日本上陸と日本のタクシー業界のルールや法規制の中で

どう、ハードルをクリアするかと日本のタクシー会社が手をこまぬいているうちに、

ライドシェアのトップクラスであるデイデイが

スパッーと東京のタクシーに飛び込んできました。

何もせず、手をこまねいていると、

中国や新興国企業の後手に回る懸念が非常に強まってきました。

中国人旅行者の『爆買い』は、誰もが知るところですが

私たちが知らない間に、スマホアプリを使った新サービスが

中国では急成長しており、それらが、日本へ相次いで進出しています。

今年の夏から日本で事業を始めたシェア自転車やアリババの電子決済など

中国発のサービスが相次ぎ日本に上陸し、むしろ、日本が出遅れている現状を

我々は、今すぐ、直視すべきであり、また対策を取らねばなりません。

デイデイの配車アプリの登録者数は約4億4000万人だそうです。

1日当たりの利用は2100万回以上と、配車サービスで世界最大手に位置します。

また、訪日中国人客を相手に無許可でタクシー営業をし逮捕者がでていますが、

空港や観光地で「中国式白タク」と呼ばれ、問題になっています。

日本では自家用車の有料配送が「白タク」行為として原則禁止されているため

デイデイは配車アプリを活用し、タクシーの利用客を囲い込むものであり

当然、日本のタクシー法規制にも適合するやり方といえます。

まずは、第一交通と組み、18年春にも都内で約500台を滴滴のアプリで配車し

次には、第一だけでも、全国で8000台強のシェアとなりますが

さらに、将来は各地のタクシー会社とも連携し、全国規模で展開することで

日本でもスマホ配車網の主導権を握るという積極果敢なチャレンジが始まります。

デイデイには、ソフトバンクグループの配車アプリも出資しています。

デイデイの配車アプリは現在、中国語版の利用が中心ですが

もちろん、今後は日本語にも対応するものが出来上がってくるわけです。

年間の訪日中国客 約700万人のうち、

約半数がデイデイの配車アプリを使うとなると

日本のアプリ配車のシェアが大きく変わる位のインパクトがすぐに生まれます!

今回、この新聞報道を見て、

「いよいよ、こんな時代が現実になった」と思いました。

早かったです。でも、予想通りの早さでした。

日本のタクシー業界が、ガラパゴス的に独立し続けられるものではなく

世界のスマホ配車のひとつのエリア一地域として、

ソフトバンクやグーグルなど世界の名だたる事業者の参入対象となっていました。

これから先、1年、いえ、半年の間に、タクシー業界はスマホ配車システムの

大きな渦の中に、巻き込まれていくのだと思います。

日本の中だけ、さらにいえば、東京だけのタクシー業界で考えていては

到底、太刀打ちできない大波がやって来たと思います。

でも、これを絶好のチャンスととらえ、

その大波に乗って、勝ち抜いていくタクシー会社だって、絶対にあります。

これからの業界の動きが、楽しみで仕方ないです。

だって、日本のスマホ配車は、世界中で一番機能が優れているからです。

お客様が待っている場所に、キチンと来れるのは日本の配車アプリだけです。

誇りをもって、日本のタクシーは、これからのスマホ配車導入に臨むべきです。

何故なら、ヒヤリハット発生地点や、過去データーをもとに

リアルタイム情報を取り入れた需要予測システムは、日本だけのものです。

さらに、11月からは国際自動車さんの開発した『フルクル』は

日本初となる機能をもち、

まさにリアルタイムの実需情報を配信するものになります。

お客さまにも、ドライバーにも、かつてなかったシステムが生まれるのです。

つまり、世界の配車システムの最高のものが、日本で生まれてくるのです。

お客様だけでなく、ドライバーも会社も、このスマホ配車を活用すれば

みんながWIN WINになることができるのです。

これからの業界の動きが、とっても楽しみです!!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

では、今日も元気でお客様のところへGO!GO!GO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*